不動産投資を行う場合、アパート経営をしてみようと不動産業者が勧めていたり、またネットでもアパート経営に関する記事が多数出ています。その一方でマンション経営もよく出ています。果たしてどちらの経営がいいのでしょうか。

■両者を比較してみよう
どちらも部屋を貸すことで、家賃収入を得ることを目的にしています。両者を比較してみると、まず所有する範囲が異なります。アパート経営の場合には、アパート1つをまるごと所有することになります。新築の場合もあれば、中古の場合もあります。

新築の場合だと、時には土地の購入からおこなって、さらにアパートを建設することになるので、かなりの費用がかかります。大抵はローンを組んで資金を準備して進めます。一方、マンションの場合、マンションめるごと1つを所有することもありますが、実はその部屋の1つだけを所有して他の人へ貸し出すということもあります。

これが、ワンルームマンション投資とも言われています。これならば1つの部屋だけなので、費用も少なくて始めることができます。アパート経営とマンション経営を比較すると、リスクも変わってきます。アパート経営だと、複数の部屋があるので、どれかが空室になっても他が入っていれば、それだけで家賃収入はあります。

ところがマンション経営だと 大抵は1つからスタートしますが、それが空室なんてこともあります。すると家賃収入は入ってきません。1つしか用意できなかったときには、まったく家賃収入がない状態になってしまうのです。アパート経営では費用がかかりますが、それからはリスク分散もできます。

しかし、マンション経営では、ワンルームマンション投資をしちゃうと、リスクの分散はほとんどできないでしょう。

専門業者の候補をピックアップしたらどちらにメリットがあるのかを比較しましょう

■最後に
両者を比較しても、一概にどれがいいともいいきれません。やはり不動産業者とよく相談をしながら、自分のやる方向性を見つけていきましょう。

出典⇒土地活用・賃貸経営の一括資料請求サービス|アパート経営比較君 http://www.kenyonpowerboats.com/

◆アパート経営の知識を得よう
賃貸物件を利用して、家賃収入を得たいと考える人も増えています。土地の有効活用をしようと、不動産業者も営業をかけてきたりもします。そんな状況ですから、アパート経営に関心を持つのも当たり前と言えます。

■アパート経営の知識を知ろう
アパート経営は、アパートを入居希望者に貸します。それによって、入居者から家賃を得るというものです。アパート自体は、新たに建設すると言うケースもあれば、中古のアパートを購入してというケースもあります。アパート経営が今注目をされている理由としては、入居者が入ると長期的に安定した収入が得られます。

高齢になっても経営をすることができ、またサラリーマンでも、副業として経営をすることができます。しかも先に書いたようにうまくいけば、長期的に収入を得られますし、管理会社や不動産業者経管理を頼めば、不労働収入となるのです。またその収入と、本業の収入を相殺して、税金を減らすなども時には可能です。

税金対策としても、利用できます。あと、高齢者の場合にはなくなったあとに、家族に相続させたり、また保険がわりにするなんてことでも利用することも可能です。アパート経営は、アパートの建設や購入から始まります。そのためには、優良な不動産業者を見つけ、協力をしてもらわないといけません。

複数の不動産業者をまわってみて、アパートを探してみたり、また新築の企画から始めてみるといいでしょう。また費用については、銀行からのローン借り入れとなり、約15年前後で完済を目指すようにしましょう。管理については、委託をすれば、本人が管理をしなくても大丈夫です。その費用は家賃収入の5%前後が相場のようです。

■最後に
アパート経営の基本的な知識を知れば、あとは細かな部分を調べたり、実際に不動産業者から得ていくといいでしょう。まずは、知識を知ることから始めていきましょう。