アパート経営をしていくことを考えたとき、必要になってくる金銭的負担というものも出てきます。もちろん、収益を見込むということも重要ではありますが、支出においても把握しておくことがスムーズなアパート経営へとつながっていくのです。今回は、その支出の代表的なものである「補修」や「修繕」について考えていきましょう。

■アパート経営においける補修・修繕の負担について
今では、補修・修繕の技術が進歩したといわれています。このことにより、依然一画をするとメンテナンスにかかる費用が軽くなっているのです。とはいえ、決して安い金額と言うわけではない場合もあるでしょう。日ごろから、アパート経営の中で積み立てをしていくことや、こうした支出部分について計画をたてておくことなどが重要になってきます。

■一般的に言われている具体的金額について
ここで、具体的な金額についても触れておきましょう。あくまで基本的なものではありますが、築15年のアパートと家庭をしたとき、打ち直し作業や屋根の防水加工といった修繕をされる経営者の方が多いようです。この際にかかってくる金額ですが、年間12万円を積み立てることが出来れば、充分にまかなうことが可能だといわれているのです。

月額にすると1万円程度ですので、負担と言う部分においては大きいものではないでしょう。

■計画書を作ることがおすすめ
収益や利回りと合わせて考えておきたい支出面。だからこそ、計画書を作成されることをおすすめしたいと思います。数年に1度ずつ作成しなおしていただくことによって、よりスムーズなアパート経営ができることでしょう。不動産会社などと相談をしながら行いましょう。

より具体的な金額を把握可能です。